会社の受付を彩る、ボリュームたっぷりの装花を
週に1度お届けします。




フラワーアーティストの装花で叶える、パッと華やかで洗練されたエントランス。

イベントやCMの装飾も手がける和田浩一が、「会社の顔」である受付やエントランスを装花させて頂いております。

季節の花の香りや日々花が開いていく様子は、来社されるお客様、そしてそこで働く方々に癒しを与えます。






プロフィール

フラワーアーティスト 和田浩一
      

  • 1968年東京生まれ。20歳の時より花業に従事。 ウェスティンホテル東京在籍時は開業より13年間余り、ウェディングやパーティー・イベント等のフラワーデコレーションを多数手掛ける。
    レストランウェディングに主眼を置いたフリーランスでの4年間を経て、独自の世界観をあらわすコンセプト花屋『劇的花屋|ドラマティックフラワーズ』を設立。
    現在では活動の場を広げ、CMや雑誌の撮影・イベント・パーティー等、「花」と「植物」を使った空間プロデュースを提供している。

    ■ 資格
    オランダウェラントカレッジ認定ヨーロピアンフローリストリー修了
    同オランダ大使館特別賞受賞

  • ■ 主なキャリア
    2007年 個展『12の心象風景』 開催 ー下谷『galleria ACCa』ー
    2012年 映画『アメイジング・スパイダーマン』プライベートディナー フラワーデコレーション
    2012年 長崎ハウステンボス『ガーデニングワールドカップフラワーショー』特別展示&デモンストレーション
    2013年 米国バージニア州知事主催PRレセプションパーティー フラワーデコレーション
    2014年 雑誌『ヤングマガジン』(講談社) グラビアページ フラワーアート担当 多数
    2015年 雑誌『フローリスト 10月号』特集:プロ15人の事例に教わるウェディングの秘訣 選出
    2015年 CM『カネボウ化粧品 エビータ』 (今井美樹さん出演) フラワーアート担当
    2016年 MV MACO『恋心』(ユニバーサルミュージックジャパン) フラワーアート担当
    2016年 JA共済 迎春 新聞一面広告

  • 2017年 KOSE 雪肌精 MYV ブランドムービー
    2017年 ウテナ90周年プレゼントキャンペーン プロデュース
    2017年 東洋タイヤ レセプションパーティー
    2017年 CM『資生堂 PRIOR 』
    2018年 雑誌『SODA』嵐 二宮和也 グラビアページ
    2018年 KATE -Dark Rose Shadow- テレビCM フラワーアート担当
    2018年 Canon EOS R テレビCM フラワーアート担当
    2019年 2WEEK メニコン Rei グラフィック撮影(浜辺美波)
    2019年 イベント『宇宙のお花見』(m-flo)桜オブジェ制作
    2019年 雑誌『SODA』King&Prince 永瀬廉グラビアページ
    2019年 島津製作所 レセプションパーティー
    (以上敬称略)

  • ■ メディア出演
    2015年 雑誌『フローリスト 10月号』
    2017年 雑誌『Men’s PREPPY 5月号』
    2017年 雑誌『GOETHE 11月号』
    2018年 テレビ東京『Discover myself〜新しい自分を見つけよう〜』



受付花の参考例

1月アンスリウムが主役の迎春仕様の生けこみ 2月 3月の桜が主役の装花 4月オオデマリとライラックが華やかな生けこみ 5月のライラックが主役の生けこみ 6月紫陽花をメインに、夏のヒマワリを忍ばせた生けこみ 7月の夏らしいグリーンと青のキンギョソウを使った装花 8月南国風の葉が大胆な生けこみ 9月ススキが秋を感じさせる小花たっぷりの繊細な装花 10月ハロウィン仕様の少し毒々しさを意識した装花 11月秋本番の装花 12月クリスマス仕様のスノーホワイトの木の枝を取り入れた装花

劇的花屋が選ばれ続ける3つの理由



フラワーアーティスト和田浩一の説明

イベント・CM撮影などの装花実績が豊富なフラワーアーティスト暦30年の
和田浩一本人によるスペシャルな受付装花


映画「アメイジング・スパイダーマン」のプライベートパーティの装飾やMACO「恋心」のPV撮影など数々の著名人の装花を担当している、和田浩一が貴社のためのスペシャルなオリジナル装花を実現しております。


配慮した作業方法

お客様に配慮した作業方法


企業様が受付にお花を飾ろうと思われるきっかけは、「来訪されたお客さんやそこで働いている方の気持ちを和ませたい」という想いからご依頼いただいていると思っております。どんなに綺麗にお花を生けても、花びらが散らばっていたりして周りを綺麗にすることを怠ってしまうと、元も子もありません。 あくまでお花を美しく生けることは大前提の上、「気持ちよく日々をすごして頂く」という本質の部分を忘れず、毎週丁寧に生けこみをさせて頂いております。


フラワーアーティスト和田浩一の説明

「こんな雰囲気の装花にして欲しい」ご依頼に合わせた柔軟な対応


様々な企業様、個人のお客様の「こんな感じの雰囲気にしたい」イメージをお伺いし、実現してきました。



受付花のお問い合わせはこちら



受付・エントランスに植物を飾る意味



そもそも業務に直接使わない・必需品ではないお花を、なぜ会社に飾る意味があるのでしょうか?


"テキサスA&M大学の研究によれば、植物や花を職場に置くと、認知能力や問題解決能力が著しく向上するという。"

"またエクスター大学の研究者たちは、室内の植物は、 集中力と生産性を向上させ、職場におけるスタッフのウェルビーイングを47%向上させることを発見している。"

"つまり、緑をオフィスに置くことでいい仕事が行えるようになる。”-Forbesjapan引用


確かに上記のようなメリットはあると思います。

ですが、そういった学術論的なメリットよりも、もっと大きなメリットがあると思うのです。


例えば、どこかの企業に仕事を依頼しようとして、対面で打ち合わせをしたとき、

専門用語たっぷりの資料に、分かりやすく説明を書いた資料を1枚添えてくれた会社と、資料をそのまま渡すだけの会社。

実績は同じ位あるとして、どちらに次の仕事を依頼するでしょうか?


1枚の資料。"そんな些細なこと"かもしれませんが、「この会社に仕事頼もう」と思うきっかけは、

"そんな些細なこと"から生まれた「この人は、私やこの会社のことを考えて行動してくれる人だ。」という確信からではないでしょうか?


この1枚の資料と同じような配慮が、受付やエントランスに飾る植物やお花にあると私は考えています。


受付やエントランスにお花を飾ること。

それはお花が綺麗で会社の印象が良くなる、香りに癒される、働く人の認知能力が向上する…そういった表面的なメリットを超えた、

「会社に来てくれる人のために、そして働く社員のために、お花を飾っている会社だ」という特別感を、お客さんにも会社で働く人にも持ってもらえるということ。


それは会社にとって、一番素敵なメリットだと思うのです。


プラン一覧



ライト スタンダード プレミアム
価格 20,000円(税抜)/週 50,000円(税抜)/週 100,000円(税抜)/週
作業開始時間 お打ち合わせにて決定 お打ち合わせにて決定 お打ち合わせにて決定
作業時間(目安) 約30分 約120分 約180分
メンテナンス(週1回) ×
ボリューム(目安) 受付の机上における程度 上記の画像程度 スタンダードプランの2倍程度
使用するお花 打合せでお伺いしたご希望に合わせて、こちらでお選びいたします 左記と同様 左記と同様

受付花のお問い合わせはこちら



装花までの流れ





実際の生けこみ作業の様子

例:月曜日に装花、水曜日にメンテナンスをさせて頂いている企業様【スタンダードプラン】



-装花-







-メンテナンス-









受付花のお問い合わせはこちら





フラワーアーティスト和田浩一の説明